実戦で使える!忍者のスキル回し・立ち回り方【ver,4.5】

FF14の忍者のスキル回しや、立ち回り方について解説。ジョブの役割だけでなく、レイドなどで好成績を残している上位層の開幕のスキル回しや、戦闘中に注意する点を掲載。忍者について理解を深めたい方、忍者のスキル回しを上達させたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク


忍者とは?

忍者は、近接職の中で最もDPS(ダメージ量)が少ないジョブです。しかし、補助能力に長けているため、パーティ編成には多く採用される人気ジョブとなっています。

ヘイトをコントロール可能

忍者は「影渡(15秒間自身のヘイトの80%を対象に移す)」や「煙玉(20秒間対象のヘイトを抑える)」といった、パーティメンバーのヘイトをコントロールするアビリティを所持しています。

これにより、開幕のタンクのヘイトが安定するだけでなく、白魔道士や吟遊詩人などにヘイトが跳ねることを防ぐことが可能です。

味方のダメージを増幅

忍者は「だまし討ち(10秒間対象への与ダメージ量10%アップ)」を使用することで、パーティメンバーの火力を1分毎に大きく引き上げることが可能です。

全ジョブのダメージ量アップするシナジーのうち、「だまし討ち」は最短で使用することが可能なため、シナジーを合わせる起点になります。リキャストが回った時点で打てるように練習しましょう。

忍者のシナジー一覧

スキル 効果 リキャスト

だまし討ち
背面攻撃時、
対象への与ダメージ量を
10秒間10%アップさせる
「かくれる」
「水遁使用後10秒」
中に使用可能
60秒

全てのバーストの起点

忍者は、1分毎に「だまし討ち」が使用可能になり、対象に対する与ダメージが10秒間10%上昇します。全てのシナジーは「だまし討ち」を中心に組み立てるため、リキャストが回ったら即使用できる立ち回りが必要です。

上位忍者の開幕スキル回し

▼クリックで忍者の開幕スキル回しを確認▼
GCD WS アビ スキル名
風遁の術
かくれる
影渡
水遁の術
1 双刃旋
活性自在
2 風断ち
喉切り
3 影牙
ぶんどる
4 双刃旋
5 風断ち
だまし討ち
一双
6 旋風刃
風馬手裏剣
7 双刃旋
夢幻三段
8 風断ち
9 旋風刃
六道輪廻

参考サイト:FFLogs

開幕の「だまし討ち」は「風断ち」後に

忍者の「だまし討ち」は、必ず2回目の「風断ち」の後に使用しましょう。

「だまし討ち」は、パーティ全員が対象に与える与ダメージが10%アップする、シナジーアビリティです。パーティメンバーのシナジーと同時に使用することで、よりダメージを高めることができます。

2回目の風断ちの直後に使用することで、パーティのシナジーと重ねることができるだけでなく、「だまし討ち」中に高威力の攻撃を行えます。木人などでスキル回しの練習を行いましょう。

アビリティを挟み過ぎない

忍者はGCDの回転が速く、アビリティを2つ以上挟むことで、GCDが止まってしまうことがあります。忍術使用時以外は2つ以上挟まないように注意しましょう。

忍者の戦闘中のスキル回し

「だまし討ち」はリキャスト即使用

忍者の「だまし討ち」は、1分ごとに使用できる、すべてのバーストの起点となるアビリティです。「だまし討ち」をリキャスト即使用するために、「だまし討ち」残り23秒以下の場合は忍術を「水遁の術」のために温存しましょう。

「だまし討ち」は、対象の背面で使用しなければ、効果が適応されないことも注意が必要です。

適切なコンボ3段目を使おう

条件 使うWS
「影牙」のドットが切れている場合
もしくは残り時間が6秒以下

影牙
風遁が残り39秒以下
「だまし討ち」等が発動していない時

強甲破点突
「影牙」の残り時間が7秒以上
旋風刃

忍者は、コンボ3段目に使用するWSによって、大きくDPSに差がつきます。適切なタイミングでWSを使用することで、最低限のDPSは確保できることを意識しましょう。

天地人を適切に使おう


風馬手裏剣

火遁の術

土遁の術
シナジーが無い時
「だまし討ち」まで30秒近く時間がある時

風馬手裏剣

雷遁の術

水遁の術
シナジーがある時
「だまし討ち」を打つ直前に使える時

天地人は、忍者のDPSを左右するアビリティです。状況に応じて「土遁ルート」「水遁ルート」を使い分ける事で、自身のDPSを大きく伸ばすことが出来ます。

「水遁ルート」の場合は、「だまし討ち」まで残り13~14秒で「天地人」を発動させることで、忍気のロスを抑えることができます。

スポンサーリンク


忍者おすすめマクロ

ターゲット先に縮地マクロ

/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地
/micon 縮地

ターゲット先に、縮地で飛ぶことができるマクロです。ギミック散開後、敵の元にすぐ戻りたい場合に有効です。

タンクに影渡マクロ

/micon 影渡
/ac 影渡 <t>
/ac 影渡 <3>
<wait.1>
/p <3>へ影渡しました!<se.7>

ターゲットしてる場合はターゲット先、それ以外の場合はPTリストの3番目に「影渡」を付与するマクロです。[<3>]の数字は必要に応じて書き換えてください。また、マウスの方は[<mo>]に書き換え、マウスオーバーにすることもおすすめです。

忍者の参考HUD

姉妹サイト「みんなのHUD」では、忍者をプレイしている方のHUD画面を閲覧することが出来ます。