実戦で使える!モンクのスキル回し・立ち回り方【ver,4.5】

FF14のモンクのスキル回しや、立ち回り方について解説。ジョブの役割だけでなく、レイドなどで好成績を残している上位層の開幕のスキル回しや、戦闘中に注意する点を掲載。モンクについて理解を深めたい方、モンクのスキル回しを上達させたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク


モンクとは?

DPSが高く補助も可能

モンクは、メレーの中で侍に匹敵するDPSを出せるだけでなく、「マントラ」で味方の回復量をアップさせるなどの支援も可能です。また、「桃園結義」を使用することで、パーティ全員の物理ダメージ量を上昇させることもできます。

早期攻略プレイヤーの中でも、モンクは採用されやすく、「マントラ」の回復量上昇でバリア等をより強化できるためと考えられます。

方向指定量が多い

モンクは多くのWSに方向指定がついています。側面と背面を都度判断しなければならないため、基本コンボでの難易度が近接職の中で最も高いといっても過言ではありません。

ギミックなどで思うように方向指定取れない場合にも、自身で判断してコンボルートを変更していく必要があるでしょう。

モンクのシナジー一覧

スキル 効果 リキャスト

桃園結義
自身と周囲の
パーティメンバー
15秒間与物理ダメージ
5%上昇
90秒

モンクは90秒毎に「桃園結義」を発動することが可能です。自身と周囲のパーティメンバーの”与物理ダメージ”を5%上昇させることができます。魔法攻撃は効果対象ではないため、火力詰めを行う際は「近接職3」構成が多く見られます。

上位モンクの開幕スキル回し

▼クリックでモンクの開幕スキル回しを確認▼
GCD WS アビ スキル名
疾風羅刹衝
1 破砕拳
疾風の極意
紅蓮の構え
2 双竜脚
3 双掌打
発勁
紅蓮の極意
4 破砕拳
桃園結義
陰陽闘気斬
5 連撃
鉄山靠
6 正拳突き
蒼気砲
空鳴拳
7 崩拳
陰陽闘気斬
8 双竜脚
9 双掌打
闘魂旋風脚
陰陽闘気斬
10 崩拳
踏鳴
11 崩拳
闘魂旋風脚
12 破砕拳
13 双竜脚
14 双掌打
15 崩拳

参考サイト:FFLogs

モンクの戦闘中のスキル回し

基本のスキル回し

1段目 2段目 3段目
1周目 双竜脚 双掌打 破砕拳
2周目 連撃 正拳 崩拳
3周目 双竜脚 双掌打 崩拳
4週目 連撃 正拳 破砕拳

モンクは「双竜脚(打耐性10%ダウン)」と「双掌打(与ダメ10%アップ)」を維持しながら、基本コンボを回していくことになります。2周に1度以上使用することで、維持ができます。ギミックなどで方向指定で側面を取れなくなる場合は、予め更新しておくことでロスを抑えることが可能です。

「破砕拳」は1ループに1回使用します。完走することで370の威力となり、強力なWSとなります。忘れずに使用しましょう。

方向指定を取ろう

背面 側面

連撃(クリティカル)

双竜脚

正拳

双掌打

破砕拳

崩拳

モンクは基本コンボ全てに方向指定があります。方向指定を取らない場合、威力が大幅に減少してしまうため、方向指定を必ず取りましょう。ギミック等で予定の方向指定が取れない場合は、方向指定を優先してWSを使用しましょう。

「闘魂旋風脚」を多く打てる疾風回しを練習しよう

迅雷3 迅雷1 コンボ
1段目
迅雷2

崩拳

闘魂旋風脚

崩拳
 
疾風の構え

疾風羅刹衝


疾風の極意

モンクは、「闘魂旋風脚」をいかに多く打つかでも、DPSの伸びが変わります。「闘魂旋風脚」は疾風迅雷が0になってしまうため、通常は「踏鳴」等を使用して迅雷を戻しますが、「疾風の極意」の効果でも疾風迅雷を更新することができます。

このコンボを使用することで、通常よりも「闘魂旋風脚」を多く打つことができるので、実戦で活用していきましょう。

モンクの参考HUD