火力詰めパーティとは?Perfの上げ方を解説!

FF14における、詰めパーティについての解説を掲載しています。火力詰めとは何か?から、参加条件、おすすめパーティ編成を掲載していますのでPerfを上げる際の参考にしてください。

目次【本記事の内容】



 

詰めパーティとは?

詰めパーティは、FFLogs上の個人記録を高める事を目的とした、火力を詰めるためのパーティです。シナジーを持つジョブ構成で、シナジーのタイミングを合わせて討伐を行うことで、より自身のDPS記録を高めることができるためです。

ギミックミスをしない、シナジー合わせをすることが前提となっているため、基本的に高水準のプレイングスキルを持つプレイヤーが参加するものです。

FFLogsとは何?

FF14で、外部ツールACTの戦闘ログをサイト上にアップロードすることにより、戦闘の詳細記録やDPSランキング等を掲載しているWEBサイトです。

▶FFLogsを解説しているブログはこちら

詰めパーティの参加条件

  • 最終装備が揃っている
  • ギミックミスをしない
  • シナジーを合わせる事ができる
  • シナジーのタイミングを考えることができる

詰めパーティは、上記条件を満たすことができるプレイヤーが参加することを、おすすめします。

最終装備が揃っている

最終装備が揃っていない方は、どの道最終装備が揃う事でDPSが大きく伸びるので、揃っていない段階で火力詰めを行う必要がないためです。

加えて、最終武器も持っていない場合、ボスの討伐時間が遅くなることでジョブによっては迷惑となります。

ギミックミスをしない

詰めパーティでは、ギミックの練度が高いことを要求されます。

FF14では、クリティカル&ダイレクトヒットで記録を大きく伸ばせるため、ランダム要素が強いです。上振れ回を引くために何度も討伐しますので、ギミック練度が低く死んでしまう事で、シナジーが届かない・ヒーラーの手数が減るといった問題に直面します。

ギミックミスはしない、と言える方が参加することをおすすめします。

シナジーを合わせる事ができる

詰めパーティでは、シナジーを完璧なタイミングで使用できるプレイングスキルを求められます。

討伐タイムに応じて、バーストのタイミングも変化することが多く考えられますので、柔軟に対応することも大事です。



 

おすすめ詰め構成

基本的な構成

基本構成
 

シナジージョブだけで構成した基本的な構成で、ほとんどの募集はこちらの構成で行われます。

赤魔道士の「エンボルデン」、機工士の「ハイパーチャージ」は、各ジョブに応じて最適なシナジーが変わります。D4枠のシナジーを固定したい方は、自身がホストとなりPT募集を行うことがおすすめです。

また、機工士を編成することで、リフレッシュが通常よりも多く使用できます。ヒーラーはMPを気にせず、通常よりも多く攻撃できることもポイントです。

ポイント

  • 機工士は人口が少なく集まりにくい
  • 機工士編成することでヒーラーのMPが楽になる

魔法職&PTDPS優先

基本構成
 
   

召喚士の「コンテージョン」で、魔法与ダメージを1分ごとにアップさせる構成です。上の構成では、黒魔道士を編成することでPTDPSが大きく引き上げられ、討伐タイムが縮まります。

下の構成は、竜騎士・忍者・吟遊詩人・戦士・ナイトは「コンテージョン」の恩恵を受ける事はできませんが、召喚士・占星術師・学者は与ダメージをアップすることが可能です。

ポイント

  • 魔法職しか恩恵を受けることが出来ない
  • 遠隔の散開位置が変化する